文化祭シーズン到来!クラスTシャツを可愛く着こなしそう!

文化祭シーズン到来!クラスTシャツを可愛く着こなしそう! いよいよ季節は移ろい、文化祭シーズンとなってきましたね。
文化祭といえば、クラスの全員で制作したクラスTシャツなどを着用し一致団結して文化祭成功に臨むといった志を持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし、ただTシャツを着るだけではつまらない、どうせならオリジナルのTシャツを作ってかわいく着こなしたいという方のために文化祭のクラスTシャツをかわいく着こなせる術を紹介したいと思います。
まず、Tシャツにイラストをいれるのは恒例であると思いますが、デザイン性を少し凝ったものにするといいでしょう。
例えば、クラス全員が集まると意味が伝わるものだったり特定のだれかと並ぶと意味が伝わったりするTシャツを作ると写真なども映えますし、特別感が出ていてとてもいいと思います。
さらにクラスの団結力も深まりますし、楽しい思い出ができますよね。
もう一つ、Tシャツのデザインではなく着方としては、左右どちらの布を少し多めに作っておいて、そちらのほうを結んでリボン状にくくるとただのTシャツでもデザイン性に優れたかわいいTシャツになります。男の子の場合はリボンではなくはちまきのような結び方をするとかっこよくなりますね。
工夫次第でTシャツはいろいろな使い方があります。ぜひお試しください。

上着の重ね着の考察まで!クラスTシャツの着こなし方!

上着の重ね着の考察まで!クラスTシャツの着こなし方! 球技大会や学園祭でおなじみのクラスTシャツ。みんなの思いが詰まった大切なTシャツ、着こなし方にはこだわりたいところですよね。
今回はそんなクラスTシャツの着こなし方、おすすめの重ね着の仕方などをご紹介していきます。
まずは上着の重ね着ですが、オススメなのはスポーティーなパーカーを上に羽織ること。女子ならオーバーサイズ。男子ならタイト目が誰にでも似合う着こなしと言えるでしょう。
プルオーバーではなく、フルジップのものを選べば前を開けて、プリントを見せることができますね。球技大会や学園祭ではスポーツテイストにまとめるのが鉄板と言えるでしょう。
そしてもうひとつオススメなのは、クラスTシャツの下に長袖のTシャツを重ね着する着こなし。こちらは上に着るTシャツとコントラストのあるカラーを選ぶことでポイントにすることができます。
そのまま腕まくりをしてもかっこいいですね。動きやすさが重要になる学校でのイベント。目立つだけでなく、いざという時に活躍できるような着こなしを意識しておきましょう。
クラス全体、学年全体で一丸となるイベント。クラスTシャツは青春の思い出になる大切なアイテムです。自分なりの着こなしでしっかりアピールしたいですね。

お揃いのクラTを作ってみよう

ゼロワンでは、クラスのみんなで決めたクラTのデザインをキレイに仕上げてくれます。
仙台を中心に、東京や横浜、大宮、大阪に店舗を持つので、気軽にスタッフとの打ち合わせもでき、
納得のデザインを予算に合わせて打ち合わせることもできます。
そんなクラT作成に強いゼロワンのサイトはこちらです。

クラスTシャツ