クラスTシャツのデザインをイチから考えよう

クラスTシャツのデザインをイチから考えよう 文化祭や体育祭などでクラス全員でお揃いのクラスTシャツを着るととても盛り上がります。
しかし、クラスTシャツのデザインをイチから考えるのはなかなか難しいです。
男女違和感なく着られるもので、好き嫌いがあんまりないデザインがいいとなると意外と選択肢は少なかったりします。
ここでおすすめなのが、担任の先生をデザインにしてしまうことです。
よく誰々のクラスというのを入れることはありますが、先生をプリントしてしまうのは大胆で面白いです。
もしくは、商品のパッケージからアイデアをもらうのも一つの手です。
例えばお菓子のパッケージをパロディして、そこにみんなの名前などを入れればとてもかわいい仕上がりになるのでおすすめです。
もちろん、そんなパロディをせずにイチからアイデアを出し合って作っていくのもいいですが、ちょっとユニークなものにしたい場合にはおすすめです。
これを考えるときにもクラスの団結力がアップするといいですね。

学祭で目立つクラスTシャツを作るコツ

学祭で目立つクラスTシャツを作るコツ 学祭でおそろいのクラスTシャツを作ると、クラスの結束力を高めることができます。
せっかく作るのなら、目立つデザインにしましょう。
目立つクラスTシャツを作るコツとして、Tシャツの色から考えましょう。
白や黒は無難ですが、黄色やオレンジの方が人の目を引きます。
最近は安くプリントしてくれる会社も増えていますが、難色も使って印刷するより、色の数を絞った方がインパクトがあります。
スローガンなどがあれば印刷してもいいですが、四字熟語など短いものが目立ちます。
文字よりも、ロゴなどのイラストを大きくするというのもポイントです。
繊細なイラストよりも、線を太くして目立つようにしましょう。
クラス名を入れた旗や、学祭で行う催し物をテーマにしたイラストもおすすめです。
考えすぎてデザインが分からなくなってしまったら、Tシャツを作成してくれる会社に相談してみましょう。
納期だけでなく、こうした方がいいというアドバイスが得られます。